日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX

日本桜まつりin 上海2014 に出展

日本のお花見シーズンに日本を訪れる中国人観光客を増やすことを目的に、政府観光局(JNTO)上海事務所などの主催により、2月22日(土)、23日(日)2日間、上海市最大級のショッピングモール「グローバルハーバー」で日本桜まつりin上海が開催され、当事務所も九州・沖縄関係8団体と共同で出展しました。


九州・沖縄各上海事務所職員と九州・沖縄の魅力をアピール

中国からの訪日旅行客数は、2012年の反日デモを境に大いに落ち込みましたが、2013年9月からは5カ月連続で単月最多を更新するなど、全面的に回復してきた感があります。


桜まつり会場全景(ステージでは琴と三味線の演奏中)

上海を中心とした華東地域は富裕層が多く、個人旅行客の増加も伴い、日本へのリピーターも多くいます。九州・沖縄の各事務所も中国からの訪問客、特に個人旅行客の獲得に力を入れており、今回の出展では来場する方々に大いに地域の魅力をアピールしました。


よさこい踊りのパフォーマンスを見に集まった人々

ブースに来場した方は日本各地の観光情報や日本文化に興味津々の様子で、各地の観光パンフレットを大量に持ち帰る姿が大変印象的でした。


【 もどる 】    【 Top 】