日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX

2011上海国際木造エコ住宅博覧会

8月17日~19日、上海市内の博覧会場で「上海国際木造エコ住宅博覧会」が開催され、農林水産省が設置したJAPANブースには、日本から12社の木材関係企業・団体が出展しました。大分県からは、日田木材協同組合と池見林産工業の2社が出展。日田木材協は、杉を使った簡易間仕切りや板壁を、池見林産は檜を使ったフローリングや檜風呂を展示PRしました。期間中は終始、お客さんで賑わっている状況で商品の説明に追われるシーンが見られました。参加者からは、「品質が良いが価格が高い」、「防虫、防水加工が必要では」などのコメントもありました。やはり、中国への売込みでは価格が一番のネックとなっているようです。今回の展示会で得た貴重な情報、掴んだ感触を今後の展開に生かしていただきたいと思います。


日本ブース:Japan Wood 杉の内装材に興味津津
なんとドバイからも買い付けに 日田木材協関係者と

【 もどる 】    【 Top 】