日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX

荊州で夢を追う深田栄次さん

3月22日に湖北省荊州市で肉牛を飼育している深田栄次さんを訪問しました。深田さんはもともと、豊後大野市(三重町)で建設業(深田工務店)を経営していましたが、中国の経済成長で牛肉の消費が伸びると考え、2002年に荊州市に投資。牛舎を建設し、牧場用地を政府から借りて肉牛飼育を始めました。かつては300頭ほどいた牛は、今は100頭ほどになっていましたが、「中国人においしい牛肉を食べさせたい」という夢を持っており、試行錯誤しながら中国で農業を続けています。今後は、高速鉄道の開通も近く、更に発展が見込める形州市で、自慢の牛肉を使ったハンバーグ店を始めてみたいと目を輝かせていました。同市への日本からの最初の投資であることから荊州市政府関係者とも交流が深く、荊州市名誉市民となっています。


牛舎外観 立派な牛舎
150ムーの牧場 中央が深田さん

【 もどる 】    【 Top 】