日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX

カルフールで日本食品フェア開催

  

5月14日、外国人が多く居住する上海市内の古北地区にあるカルフール(古北店)で日本食品フェアのオープニングセレモニーが開催されました。JAフーズのジュースや富士甚醤油の調味料を輸入卸販売している上海逍龍有限公司をはじめとする問屋とカルフールが協力して行ったもので、お菓子、調味料、酒類、麺類などが展示即場されました。大分県の商品では三和酒類のiichiko Barが試飲販売されていたほか、富士甚醤油のぽん酢や、さしみ醤油も棚に並べられていました。カルフールは中間層をターゲットとしたスーパーマーケットで、比較的価格の高い輸入品のフェアをするにはまだ早いのではないかと思っていましたが、王社長によれば40元もする鳥取県の「どら焼き」(5個入)が1日200個以上売れたということで、中間層の購買力もぐんぐん伸びているようです。



開幕のテープカット Iichikoの試飲販売
鳥取県メーカーのどら焼き 上海逍龍の王社長らと

【 もどる 】    【 Top 】