日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX

蘇州久光での日本産食品・観光フェア

  

1月15日~25日、ジェトロ上海センターが主催する蘇州久光での日本産食品・観光フェアに大分県ブースを出展しました。上海を中核とする華東地区において、江蘇省蘇州市は発展著しい都市のひとつ。人口は約900万人で、近年、久光百貨等のハイレベルな商業施設の出店が相次いでいます。蘇州久光百貨は2009年1月にオープンして以降、徐々に来場者を伸ばしてきており、国慶節休暇の10月1日はこれまで最高の32,000人の来場者を記録。今回のフェアは開店1周年記念イベントの中核的なイベントとして開催されました。大分県のほか、鹿児島県、長崎県、愛知県、長野県、石川県、新潟県、福島県、四国連合の12県、JNTO(日本政府観光局)などが出展。大分県はJAフーズのジュース、富士甚醤油の調味料、九州乳業の牛乳、豆乳、三和酒類の焼酎など約30品目を展示販売しました。特に好評だったのは九州乳業のLL牛乳で1本40元という価格にもかかわらず、安心、安全意識の高まりからか、2日間で売り切れました。また意外にも、こいくち醤油も商品が売り切れてサンプルを販売するような状況で、蘇州にも相当の富裕層がいることを実感しました。



蘇州久光会場 大分県ブースに並ぶ県産品

【 もどる 】    【 Top 】