日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX

日本料理専業委員会で大分産乾椎茸をPR(627)

   26日~29日、別府に本社のある(有)上田椎茸専門店の上田和宏社長がCITYSHOPでの佃煮の販促と日本料理専業委員会での乾椎茸のプレゼン等のため、3月に続き上海に来られました。CITYSHOPでは佃煮の販売促進を行い、27日には料理店のオーナー、料理長、日本食材の問屋など関係者50人が集まった日本料理専業委員会の場で大分県産乾椎茸のプレゼンテーションを行いました。上田社長は大分県の乾椎茸の特徴、つまり①原木栽培、②トレーサビリティー、③質量ともにNo1、という点をPRし、中国産椎茸との違いをアピールしました。乾椎茸の中国への輸出に関しては、現在、関係商社を通じて詰めの協議を行っています。

CITYSHOPで2回目の販促 日本料理専業委員会で乾椎茸をPR

   このセミナーの目的としては、①中国人観光客にとって、九州・沖縄が日本の最も身近な観光地であることを認識してもらう、②九州・沖縄の観光資源や具体的な観光ルートを紹介することで、旅行新商品の造成につなげる、というものです。
   セミナーでは実行委員会委員長を務める長崎県上海事務所の土井口彰博所長が「九州は中国から最も近く、観光資源が豊富にある」と強調しました。また、西南女学院大観光文化学科の劉明・准教授が「上海人の視点から見た九州・沖縄観光」と題して講演し、九州の温泉や食材について詳しく説明しました。セミナーには中国系旅行社、日系旅行社及び中国系メディアなど関係者100名が参加。これまでの各自治体の縦割りによるPRではなく、九州・沖縄の魅力を引き出せるテーマごとの観光資源の紹介を行うなど、広域による観光PRができました。
   今後の展開としては8月開催の梅龍鎮伊勢丹百貨店の観光物産展における観光プロモーションを実施するほか、計画的な旅行社訪問などを検討しています。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

【 もどる 】    【 Top 】