日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX

上田椎茸専門店がCITYSHOPで販売促進


   3月27日~29日で別府市の上田椎茸専門店の上田社長がCITYSHOPで自社製品の椎茸昆布の佃煮を試食販売しました。売行きは「椎茸こんぶ角煮」、「椎多辛味」、「柚子こんぶ」の順。価格はそれぞれ64元(約900円)。購入者の割合は香港・台湾5割、上海4割、欧米1割。(日本人客は学校が春休みのため帰国しており、ほとんど来店していない)。試食した買物客の感想としては、「とても美味しい」、「味はいいが価格が高い」、「少し塩辛い」、「量が少ない」など。売り場に立って販売した上田社長の感想は、①日本の価格に比べて1.5倍以上するにも拘わらず購入するお客がいることをじかに体験できた。②自分の商品は試食させないと売れないので、年に数回は上海に来て販促をしたい。③カルフールや、久光百貨、しんせん館を視察したが、商品構成、価格、店の雰囲気などの点からCITYSHOPを県が選んだことは正解と思う。④初めて上海に来て、売り場に立って販促したことにより上海市場を身近に感じることが出来た。中国にひとつ線を張っておきたい。⑤市場視察させてもらったが、中国人は椎茸が好きなのに、久光百貨でさえ良い椎茸が売られていない。高級な大分県産椎茸は富裕層に受け入れられると思う、とのことでした。今回、上田社長は短い出張ではありましたが、試食販売や市場視察を通じて、上海マーケットの感触をつかみ、市場の将来性を実感して帰りました。今後、腰を据えて上海市場の開拓に取組む考えのようです。上海に来てビジネスチャンスを探って行こうという企業がまた1社増え、今回の販促を企画した甲斐があったと思っています。定番化のためには、追加注文に合わせた業者による販促活動が大切だと感じました。

商品を積極的にPRする上田社長
上海事務所の銭アシスタントも奮闘
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
【 もどる 】    【 Top 】