日中経済協会上海事務所 大分県経済交流室TOPIX

天皇誕生日レセプションでの観光PR

 9日、在上海日本総領事館が主催する天皇誕生日レセプションが開催され、同総領事館が管轄する上海市、江蘇省、浙江省などから、地方政府や外交団、企業、学術などの関係者約700人が参加しました。今年は天皇即位20周年ということもあり、招待者の数も増え、会場となった花園飯店のボールルームは鮨詰め状態。今回の天誕レセプションでは、日本への外国人客誘致キャンペーン(VJC)の一環として、日系の航空会社、旅行社、在上海の自治体など31の団体が参加してオールジャパンで観光PRを行いました。九州・沖縄はまとまってブースの統一感を出しながら、それぞれの良さをアピールしました。JNTO(日本政府観光局)によれば中国からの訪日者数は、韓国や台湾からの観光客が新型インフルの影響を大きく受けているのに比べ、落ち込みが比較的少ない状況で、この調子でいけば昨年に続き2009年の訪日客数は100万人を超えるとの予想しています。増加する中国人観光客をどうやって大分県に取り込むか戦略を練る必要があります。


天皇誕生日レセプション 大分県観光PRブース

【 もどる 】    【 Top 】